ニュース

2015年5月27日

With you Japan「ジュニアカート体験会@木更津サーキット」期間限定開催のご案内

レーシングドライバー佐藤琢磨主宰の復興地応援プロジェクトWith you Japanは本年度、「復興が続く東北をモータースポーツを通じて応援しよう!」を合言葉に、木更津サーキット(イオンモール木更津内)にて期間限定でジュニアカート体験会を行います。木更津サーキットが通常営業で行っている「走行説明〜タイム計測」までの手順は同様となりますが、参加者には特別会員証や参加賞がプレゼントされ、参加料金の一部をWith you Japan東北復興イベントに充当させて頂きます。また、総合ランキング上位50名は佐藤琢磨も来場するミニレース大会に無料招待させて頂きます(2015.秋予定)。

◆タイトル:TAKUMA KIDS KART CHALLENGE [email protected]木更津サーキット
◆主  催:佐藤琢磨 復興地応援プロジェクトWith you Japan
◆協  賛:江崎グリコ株式会社
◆実施期間:2015.5.31(日)〜9月末予定
◆場  所:木更津サーキット(イオンモール木更津内) 
      千葉県木更津市築地1番4    
      Tel 0438-53-8055
      営業時間:9:00−22:00 
      http://www.kisarazu-circuit.com 
◆対  象:身長115cm以上の小学生
◆講  師:木更津サーキットスタッフ
    (上記期間中、佐藤琢磨は来場しませんのでご注意ください)
◆参加料金:1,000円(5分間走行)
      *ヘルメット、グローブ、シューズ無料貸出し
      *上記金額の一部を「復興応援プロジェクトWith you Japan」を通じて東北復興イベントに充当させて頂きます。
◆参加申込:木更津サーキットへ直接申込
◆本件に関しての問合せは[email protected]までお願いします。

続きを読む »

2015年5月 5日

With you Japan「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2015」 キッズカート体験会

5月5日、宮城県にあるサーキット"スポーツランドSUGO"で「キッズカート体験会」を開催しました。これは、佐藤琢磨復興地応援プロジェクト"With you Japan"の一環として行われたもので、"With you Japan"では昨年に引き続き、カートの楽しさを通して復興支援の活動の輪を全国に広げていくことを目指しています。

応募期間は2週間弱しかありませんでしたが応募総数は142件に達し、その後も「まだ間に合いますか?」とのお問い合わせを数多くいただきました。今回は定員が50名だったために応募者全員に参加していただくことはできませんでしたが、今後も継続して活動を行うなかで、ひとりでも多くのお子様にカートの楽しさを知って頂けたればと思っております。

当日の天候は曇りのち晴れ、気温は23℃という過ごしやすい天候に恵まれ、来場者数は154名(おとな83名、こども71名)に上りました。

50名のお子様は5名1組の10グループに分かれ、"グリコ・カラー"にデザインされた5台のキッズカートに分乗して「体験会」と「コース走行会」に参加していただきました。このうち体験会(1回30分)は、カート後方につけた紐を保護者が引っ張りながらコントロールして、安全を確保しながら「走る、まがる、止まる」を体験するもので、コース走行会は国際カートコースにもなっている西コースを舞台に、インストラクター先導で外周を2ラップしてタイム計測を行いました。

これまでまったくカートを体験したことのなかったお子様たちも、インストラクターの指導を受けるうちに上達し、最後は国際カートコースを楽しそうに走行。なかには大人顔負けのドライビングをする参加者もいました。お子様たちの成長の早さには、本当に目を見張るものがあります。

この日は、一般のカートドライバーによる4時間耐久カート大会(25チーム120名)も併催され、参加者は待ち時間にカートレースを観戦することもできました。

コース上で集合写真を撮影したのち、ランチタイムには協賛のグリコより"カレー職人"が振る舞われました。さらにはグリコのお菓子やシューターもプレゼント。早速シューターで楽しそうに遊ぶお子様たちの姿も見られました。

最後は、タイム計測の記録を記載した「参加記録証」を皆さんに配布するとともに、アメリカでのレース参戦のため会場にはこられなかった佐藤琢磨に皆さんの頑張っている様子を伝えることをお約束し、無事イベントを終えました。今回ご参加頂いた復興地の方からは「震災から5年が経ち、復興地支援イベントが減ってきているなか、毎年ありがとうございます」というお言葉を頂きました。11月に開催されるミニレースに向けても、しっかりと準備を整えていきたいと思います。

今後もWith you Japanの活動を続けて参りますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

続きを読む »

2015年4月15日

With you Japan「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2015」

5月5日に開催される「キッズカート体験会」の参加者を募集

佐藤琢磨が立ち上げた復興支援プロジェクト"With you Japan"。毎年継続してさまざまな活動をしています。今年は「夢に向かってがんばる子供たちにモータースポーツを通じて元気になってもらおう」をテーマに、11月にキッズカートのミニレース大会を開催することになりました。そこで、まだカートを体験したことのない子供達を対象に開催される、「5/5キッズカート体験会」への参加者を募集致します。この体験会では、佐藤はアメリカでのレース参戦のため参加できませんが、11月のミニレース大会には参加する予定ですので、是非お楽しみに。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

《5/5 キッズカート体験会 イベント概要》 
※当日は佐藤琢磨は来場致しません。
タイトル : 「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2015」~5/5キッズカート体験会~
主  催 : With you Japan
協  賛 : 江崎グリコ株式会社
日  程 : 2015年5月5日(火・祝)
会  場 : スポーツランドSUGO 西コース 
参加対象 : カート初心者の小学生(身長100〜135cm以下)※保護者同伴
参加人数 : 先着50名(午前の部25名、午後の部25名 計50名)
参加費  : 無料(カート&ヘルメットレンタル・昼食が含まれております)
詳細はこちらをご覧ください⇒ キッズカート体験会


《11/23 ミニレース大会 イベント概要》
当日は、5月5日の体験会に参加してくださった方々と、カート経験者のキッズたちによるミニレースを行う予定です。参加募集に関しては改めて皆様にご連絡させて頂きます。

会  場:スポーツランドSUGO 西コース(宮城県柴田郡村田町菅生6-1)
参加対象:小学生(5/5のキッズカート体験会の参加者及び、カート経験者のキッズ)

《5月5日 キッズカート体験会応募方法》
こちらの申込み用紙にご記入いただき、FAXでお申込みいただくか、以下、必要事項をご記入のうえ、[email protected]までメールでお申込み下さい。申込書pdfはこちら⇒ キッズカート体験会参加申込書


カート体験会へのご参加につきましは先着50名となります。最終の締め切りは4月27日(月)18:00ですが、定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。受付後、事務局より連絡を差し上げます。なお、お申込みの際に参加申込書の下の誓約書をお読みになり、同意の上で参加申込をしてください。


件名「With you Japan 2015 5/5キッズカート体験会 参加申込」

●希望コース 
※いずれかをお選びください。
 午前コース/午後コース/どちらでもよい

●キッズカート体験会参加者
(1)お名前
(2)性別
(3)身長・体重(カート参加の方のみ)
(4)学校名・学年

●保護者
(5)保護者お名前
(6)住所
(7)日中連絡のつく電話番号
(8)メールアドレス

●来場者人数(参加者、保護者含む来場者全員分)
おとな   名、こども(中学生以下)  名

=====================
お問い合わせは、以下までご連絡ください。
With you Japan 事務局
[email protected]
====================

続きを読む »

2014年11月29日

With you Japan x Glico「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2014」 スポーツランドTAMADAにて開催

日時:2014年11月29日

場所:広島県 スポーツランドTAMADA

概要
東北復興応援プロジェクトとして2011年にスタートした佐藤琢磨主催のWith you Japanは、今年、東北でのチャリティーイベント(11/24)にくわえ、8月に甚大な土砂災害で被害を受けた広島のお子様にも「笑顔で思いっきり遊んでもらう」ことを目指し、11月29日にカートイベントを開催いたしました。


東日本大震災での被害が特に大きかった地域の小学校2校と近隣の幼稚園に呼びかけ、140人を超える親子にもご参加いただきました。


開会式で琢磨が「ゴールを目指すことの大切さ、そして最後まであきらめないことの大切さ」をお伝えしてからイベントはスタート。参加された4歳から小学4年生までのお子様たちにとって「走る、曲がる、止まる」は初めての経験でしたが、紐付きカートでの練習、コース上での練習走行、そしてタイムトライアルまでのプログラムを終始笑顔を浮かべながら説明する琢磨とともに受講するうち、最初は恐る恐るアクセルを踏んでいた皆さんも次第にアクセルワークを覚え、笑顔で走行できるようになりました。また、コース上の走行では琢磨自身が常に先導車を操り、カートを通じてお子様たちとのふれあいを行いました。


昼休みには「夢ワークショップ」と題し、1年後の自分への手紙を書くワークショップを実施。「漢字の書き取りを続けていますか?」「跳び箱が飛べるようになっていますか?」など、1年後の自分に宛てた質問をハガキに記入。このハガキは事務局で保管し、1年後にご自宅へ届ける予定です。「夢ワークショップ」を終えた参加者の皆さんには、今回ご協賛頂いたグリコのお菓子が琢磨よりプレゼントされました。このとき、お子様たちの笑顔がいっそう輝いて見えたのが印象的でした。


開催地となったスポーツランドTAMADAは、土砂災害に見舞われて約2ヶ月間営業停止を余儀なくされた広島市内のカート場です。今回は突然の申し出にもかかわらず、「琢磨さんが来るならば頑張りましょう!」とばかりに、関連会社の社員総動員で遮断されていたカート場までの山道を舗装していただき、200人余りの方々を迎える体制を整えて下さいました。

参加されたお子様たちからは「初めて乗ったけど楽しかった!」と笑顔でコメントを頂き、保護者の方からは「災害後、忙しくて子供のために時間をつかってやることがほとんどなかったので、今日は久しぶりに青空も見たえし、子供たちと一緒にいることができました」とおっしゃる方もいらっしゃいました。


最後は琢磨によるスペシャルパフォーマンスが繰り広げられました。レーシングカートによる派手なパフォーマンスに参加者から大きな拍手と歓声があがり、最後はサインをもらおうと長蛇の列に並ぶお子様たちの笑顔に包まれながらの終了となりました。


今後もWYJの活動を続けて参りますのでご支援を宜しくお願い致します。

続きを読む »

2014年11月24日

With you Japan × Glico「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2014」 スポーツランドSUGOにて開催

日時:2014年11月24日

場所:宮城県柴田郡 スポーツランドSUGO

概要

2011年の東日本大震災直後に「震災にめげずに頑張る子供達を応援していこう!」を目指してスタートした佐藤琢磨復興地応援プロジェクト「With you Japan」。4年目の今年は「家族みんなで楽しんでもらう」をテーマに掲げ、宮城県のスポーツランドSUGOにてカートイベントを開催しました。


当日は、宮城県亘理郡山元町の小中学校のご家族約130名が2台の大型バスに分乗して会場にお越しいただきました。また、今年は初の試みとして、takumasato.comを通じてWith you Japanの考えに賛同し、チャリティーに参加してくださる方を募集。これに応募してくださった約50人の方々とともにイベントを開催いたしました。


当日は11月下旬とは思えない暖かい陽気に恵まれました。参加者のみなさんは、そのほとんどがカートに乗るのは初めてだったようで、冒頭に行なわれた「佐藤琢磨によるカート講座」を熱心に聞いていました。続いては、いよいよ本物のカートと対面することになります。今回は、身長100cmのお子様にもお乗りいただけるスーパーキッズカート、もう少し大きなお子様用のキッズカート、そして大人用カートの3種類を用意。このうちスーパーキッズカートとキッズカートは、カート後方につけた紐を保護者の方に保持していただき、安全を確保しながら「走る、曲がる、止まる」を体験するところから始め、その後、国際カートコースにもなっている西コースに移動し、佐藤琢磨先導のもと、お子様と大人のみなさんそろってカート走行を楽しんでいただきました。


ランチタイムには、イベントにご協賛いただいたグリコ様提供のグリコカレーが振る舞われました。おいしいカレーをいただいて、皆さんの元気も復活したようです。


その後は「夢ワークショップ」と題し、参加したお子様に1年後の自分に向けた手紙を書いていただきました。これは、たとえば「跳び箱が跳べるようになっていますか?」のように自分に宛てた手紙を書くことで、1年後の目標を具体化することを目指したものです。琢磨自身も、常に明確な目標を立て、それに向けて全力で走り続けることで様々な目標を達成してきました。このワークショップは、琢磨からのそうしたメッセージが皆さんの心に届くことを願って実施されたものです。皆さんが書いた手紙は事務局で保管し、1年後にご本人の手元に届くように送付する予定です。


午後はいよいよタイムトライアル。4、5歳の小さなお子様もやる気満々で、途中でマシンを降りるという参加者がひとりもいなかったのが印象的でした。また、5台ずつの出走としたため、レースさながらのバトルを見せてくれたキッズもいて場内から歓声も湧き上がりました。さらに、子供達から声援を受けながら保護者が走るという心温まる場面も見られました。


そしてフィナーレは、琢磨自身のドライブによるカートのデモ走行。抜群の速さと圧倒的なテクニックに、お子様だけでなく大人までもが目を見張り、会場は興奮の渦に巻き込まれました。


復興地よりご参加いただいた方からは「震災から4年が経ち、復興地支援イベントが減ってきているなか、毎年イベントを開催していただきありがとうございます」というお声をいただきました。また、チャリティー参加者の方からは「ボランティアなどがなかなかできないもどかしさを感じていたので、子供とともに参加でき、しかも親子で復興地の方々と接するきっかけができて本当に嬉しく思っています」などの感想を頂戴しました。


ここに、参加者の皆さま、イベント運営に関わっていただいた皆さま、ならびに協賛企業各社様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


「With you Japan」では今後も継続的に復興地のお子様を支援していく予定なので、この主旨にご賛同いただける皆さまには引き続きのご協力をお願いしたいと存じます。

続きを読む »

2014年6月23日

インディ500スペシャルヘルメット チャリティオークション落札結果のご報告 支援金総額は $31,350 (約320万円)!

去る6月1日から9日まで開催された、「佐藤琢磨、2014年インディ500スペシャルヘルメットチャリティオークション」に、皆さまから多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。

本インディ500スペシャル・ヘルメットは、$15,675という高額で落札されました。加えて、今回のチャリティオークション開催にあたり、篤志家の方から落札金額と同額の支援金もお寄せいただけるとのオファーをいただき、おかげさまで、総額が$31,350(約320万円)に達しました。

皆さまからのご協力に改めて感謝するとともに、ご報告申し上げます。

チャリティ・オークションの収益は、佐藤琢磨が立ち上げた「With you Japan」を通じて東日本大震災で被災した子供たちの長期支援に役立てられます。


<落札者の方のコメント>
今回、インディ500スペシャル・ヘルメットを落札できて嬉しく思っています。琢磨選手や関係者の皆さんのいろんな想いが込められたヘルメットは、大切なコレクションになります。ずっと厳しい条件の中でチャレンジを続けている琢磨選手を、これからも応援していきたいと思います。


<佐藤琢磨のコメント>
今回チャリティ・オークションにご協力いただいたすべての皆さま、本当にありがとうございました!このオークションを通じて、日本円で300万円を越える額の支援金が『With you Japan』プロジェクトに寄付されることになったことを、とても嬉しく思っています。僕のヘルメットを落札された方、そしてオークションとは別に寄付金をお寄せくださった篤志家の方にも、心から感謝いたします。復興地の皆さんには、まだまだ継続的な支援が必要だと思っています。今後も『With you Japan』を通じて、復興地で夢に向かって頑張っている子供達に元気を与えることができればと思います。

2014wyjauction04.jpg

続きを読む »

2013年5月 3日

「With you Japan」チャリティ・オークション

今年4月21日、インディカーシリーズ第3戦ロングビーチで日本人史上初の優勝を達成した佐藤琢磨。その琢磨が昨年、壮絶なる優勝争いで全米ファンを魅了したINDY500で着用した「With you Japan」チャリティヘルメットに、琢磨自身がサインを入れ、オークションに出品いたします。

続きを読む »

2012年4月28日

佐藤琢磨 INDY500チャリティ・ヘルメット 最優秀作品の発表!

佐藤琢磨が「With you Japan」チャリティ活動の一環として募集したチャリティ・ヘルメットのデザイン募集に、多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。世界中から送られてきた60点を超える作品の中から、厳正なる審査の結果、下記の作品が最優秀作品として選ばれ ました。この最優秀作品は、琢磨が2012年INDY500の決勝(5/27(日)開催)で着用。その後、2012年末にチャリティ・オークションで販売され、収益は全て「With you Japan」に寄付されます。

続きを読む »

2011年9月21日

TAKU-STYLEから、465,764円の義援金と応援メッセージが 届きました。

佐藤琢磨応援サイトTAKU-STYLEの有志の方々から、With you JapanチャリティTシャツを作成して、義援金募金活動にご協力いただきました。その収益として465,764円の義援金を募金いただきました。誠にありがとうございます。皆さまから寄せられた義援金は、被災地の子供たちのために大切に使わせていただきます。

続きを読む »

2011年5月18日

佐藤琢磨、インディ500の開催地で地元小学校を訪問し、 生徒と協力して人文字で日本の国旗を描き、 長期的な支援を呼びかけました。

佐藤琢磨は、インディ500の開催地インディアナポリス市で、タウネ・メドウ(Towne Meadow)小学校を訪問。「With you Japan」の活動の一環であるアート・プロジェクトに参加した137人の生徒たちと、東日本大震災で被災した子供たちへの励ましの気持ちを込め、人文字で日本の国旗を作りました。また琢磨は710人の生徒たちを前に被災地を訪問した際の様子を説明し、長期的なケアの重要性も呼びかけました。

続きを読む »

ホーム > ニュース

このページの先頭へ